探偵小説専門誌幻影城1978年6-7月号〜9月号目次


表紙をクリックすると裏表紙が現れます。
頁数の後には再録元を記載しました。
発表名義が異なる場合は、誌名の後の( )内に記載しました。
また、作品が改題された場合は、原題を[ ]内に記載しました。


幻影城78年6-7月号表紙 1978 Jul. No.44
探偵小説専門誌幻影城6-7月号

表紙イラストレーション=野原幸夫/表紙目次構成=池田拓/目次イラストレーション=池田拓/本文イラストレーション=山野辺進・村上芳正・山本博通・佐竹美保・山田雅史・大竹明輝・土橋ユキエ・西岡保之・高橋矩彦

第四巻第七号/定価680円/昭和53年7月1日発行/編集・発行人=島崎博/印刷人=鈴木勲/印刷所=東京ベル印刷・真生印刷/製本所=坂田製本/発行所=幻影城


  権田萬治のことば 権田萬治 1 推理小説の剰余定理
について
 
巻頭読切 殺人者の憩いの家 (巻頭読切) 中井英夫 18    
名作再録 告げ口心臓 (名作再録) 米田三星 66 新青年 1931年(昭6)9月号
ミステリの培養者・米田三星
(幻の作家を求めて・17)
鮎川哲也 58    
日本推理作家協会賞
受賞第一作
湖底のまつり
(日本推理作家協会賞受賞第一作・
短期連載第一回・100枚)
泡坂妻夫 182    
盛大な日本推理作家協会賞贈呈式
(レポート)
栗本薫 160    
日本推理作家協会賞受賞作品発表の日 泡坂妻夫 181    
23世紀のポップス
(連作・ショート・ショート)
ACT/1 P.R 京堂司 102    
ACT/2 イメージ・チェンジ 京堂司 104    
ACT/3 未来の寝床 京堂司 106    
ACT/4 怨念 京堂司 108    
12ヶ月のメルヘン
(連作・ショート・ショート)
一月は白い密室
(12ヶ月のメルヘン・第一話)
根岸洋 42    
二月は雪女の季節
(12ヶ月のメルヘン・第二話)
根岸洋 44    
三月は春風は海へ吹く
(12ヶ月のメルヘン・第三話)
根岸洋 45    
四月の夜泣きそば屋は
(12ヶ月のメルヘン・第四話)
根岸洋 46    
五月はハメルンの笛にのって
(12ヶ月のメルヘン・第五話)
根岸洋 48    
桃は六月に熟れる
(12ヶ月のメルヘン・第六話)
根岸洋 49    
七月は恋の星祭り
(12ヶ月のメルヘン・第七話)
根岸洋 50    
甲子園の星は八月に燦めく
(12ヶ月のメルヘン・第八話)
根岸洋 52    
九月は異常能力の秋
(12ヶ月のメルヘン・第九話)
根岸洋 53    
十月はマラソンの季節
(12ヶ月のメルヘン・第十話)
根岸洋 54    
十一月はりんごの木の下で
(12ヶ月のメルヘン・第十一話)
根岸洋 56    
十二月だよクリスマス
(12ヶ月のメルヘン・第十二話)
根岸洋 57    
日本長編推理小説
ベスト99
<日本長編推理小説ベスト99>発表
(大内茂男・権田萬治・中島河太郎による)
  36    
時代的意義を重視
(日本推理小説ベスト100選出について)
大内茂男 39    
秀作を選ぶ難しさ
(日本推理小説ベスト100選出について)
権田萬治 40    
九十九篇を選ぶ
(日本推理小説ベスト100選出について)
中島河太郎 41    
ネオロマン特集 海賊船ロシナンテ号
(ネオ・ロマン特集・SF)
李家豊 80    
魔女は紅い爪をもつ
(ネオ・ロマン特集・推理小説)
筑波孔一郎 128    
精霊の神殿
(ネオ・ロマン特集・冒険小説)
高村信太郎 162    
消えた原稿
(ネオ・ロマン特集・推理小説)
霜月信二郎 110    
日本探偵小説史ノート・19 戦後長編の育成期 (ネオ・ロマン特集・SF) 中島河太郎 96    
テレビ・ミステリー・
グラフティ・4
アメリカの影
(テレビ・ミステリー・
グラフティ・4)
麻田実 154    
新刊紹介 三毛猫ホームズの推理 (新刊紹介) 二上洋一 35    
イソップの首に鈴をつけろ (新刊紹介) 津井手郁輝 34    
イラストへの招待 村上芳正の華麗な世界 村上芳正 5    
村上芳正さんの手紙 日影丈吉 17    
怪の会通信   吉田真司 215    
影の会通信 宮田氏の出版記念会開く
(<怪の会>通信)
津井手郁輝 79    
第四回
<幻影城>新人賞募
第四回<幻影城>新人賞募集   153    
  次号予告   4    
  幻影城・バックナンバー   152    
  編集者断想 S 216    
  幻影城出版案内   145    

幻影城78年8月号表紙 1978 Aug. No.45
探偵小説専門誌幻影城8月号

表紙イラストレーション=野原幸夫/表紙目次構成=池田拓/目次イラストレーション=池田拓/本文イラストレーション=山野辺進・佐竹美保・山田雅史・西岡保之・村上芳正・山本博通・高橋矩彦・大竹明輝

第四巻第八号/定価680円/昭和53年8月1日発行/編集・発行人=島崎博/印刷人=鈴木勲/印刷所=東京ベル印刷・真生印刷/製本所=坂田製本/発行所=幻影城


  中島河太郎のことば 中島河太郎 1 推理小説と探偵小説  
巻頭特集:
日本のSF
SFランドへようこそ・日本SFの展開
(日本のSF特集)
栗本薫 40    
多彩なSFファンダム (日本のSF特集) 柴野拓美 103    
SFとの出会い (日本のSF特集) 尾崎秀樹 74    
大賞レース予想・私の日本SFベスト10
(日本のSF特集)
石川喬司 68    
日本のSFベター10・私の日本SFベスト10
(日本のSF特集)
山野浩一 70    
日本のSF10選・私の日本SFベスト10
(日本のSF特集)
山野明 72    
懸賞金稼ぎ (日本のSF特集) 李家豊 18    
黄昏屋敷 (日本のSF特集) 滝原満 52    
23世紀のラッシュアワー
(日本のSF特集) ACT/1星間急行 ACT/2ポーの末裔
ACT/3物質電送ラッシュ ACT/4満員電車の中で
京堂司 76    
日本推理作家
協会賞

受賞第一作
湖底のまつり
(日本推理作家協会賞受賞第一作・短期連載第二回・100枚)
泡坂妻夫 182    
名作再録 鮫人の掟 (名作再録) 橋本五郎 128 新青年 1932年(昭7)6月号
一人三役の短距離ランナー・橋本五郎
(幻の作家を求めて・18)
鮎川哲也 140    
連城三紀彦特集 藤の香 (特集・連城三紀彦1) 連城三紀彦 84    
消えた新幹線 (特集・連城三紀彦2) 連城三紀彦 108    
メビウスの環 (特集・連城三紀彦3) 連城三紀彦 160    
連城三紀彦について   127    
推理小説時評・4 現代推理小説と文学 (推理小説時評・4) 権田萬治 178    
テレビ・ミステリー・
グラフティ・5
ヒッチコックのテレビジョン
(テレビ・ミステリー・グラフティ(5))
麻田実 154    
イラストへの招待 山野辺進の華麗な世界 山野辺進 5    
山野辺進君へ 海渡英祐 17    
影の会通信 初夏の宵の集い 李家豊 153    
  第四回<幻影城>新人賞募集   152    
  次号予告   4    
  幻影城・バックナンバー   152    
  編集者断想 S 216    
  幻影城出版案内   145    
前月号の「次号予告」に掲載されていた作品のうち、今月号に掲載されていなかったのは「私とSF」(種村李弘)、「海外推理小説研究史」(戸川安宣)、「長篇推理小説の研究」(大内茂男)。また、「懸賞金稼ぎ」(李家豊)は「ブラスターマン・ブルース」として、「黄昏屋敷」(滝原満)は「青春荒野」として予告されていた。

幻影城78年9月号表紙 1978 Sep. No.46
探偵小説専門誌幻影城9月号

表紙イラストレーション=野原幸夫/表紙目次構成=池田拓/目次イラストレーション=池田拓/本文イラストレーション=西岡保之・山本博通・佐竹美保・長谷川サダオ・錦織清人・山野辺進

第四巻第九号/定価680円/昭和53年9月1日発行/編集・発行人=島崎博/印刷人=鈴木勲/印刷所=東京ベル印刷・真生印刷/製本所=坂田製本/発行所=幻影城


  邦光史郎のことば 邦光史郎 1 いわゆる社会派について
江戸川乱歩賞作家
新連載第一回
絃の聖域
(江戸川乱歩賞作家新連載第一回・100枚)
栗本薫 10  
李家豊特集 黄昏都市 (特集・李家豊1) 李家豊 78  
白い断頭台 (特集・李家豊2) 李家豊 94  
品種改良 (特集・李家豊3) 李家豊 110  
李家豊について   127  
読切短篇 葬炎賦 (読切短篇) 霜月信二郎 60  
日本推理作家
協会賞

受賞第一作
湖底のまつり
(日本推理作家協会賞受賞第一作・短期連載第三回・100枚)
泡坂妻夫 168  
直木賞発表の日 泡坂妻夫 206  
座談会 新鋭作家大いに語る・I 赤川次郎・泡坂妻夫・
栗本薫・司会:権田萬治
45  
赤川次郎・泡坂妻夫・栗本薫・権田萬治略歴   45  
推理小説時評・5 ヒラリー・ウォーの「名探偵」論について
(推理小説時評・5)
権田萬治 162  
テレビ・ミステリー・
グラフティ・6
「月光仮面」は誰でしょう
(テレビ・ミステリー・グラフティ(6))
麻田実 166  
新刊紹介 亜愛一郎の狼狽 (新刊紹介) 二上洋一 166  
唐獅子株式会社 (新刊紹介) 栗本薫 167  
切絵の世界 宝島 横山隆一 129  
作者の弁 横山隆一 152  
<影の会>通信 ボクちゃんを囲んで 連城三紀彦 44  
  全日本大学ミステリ連合通信 No.26 羽鳥道彦 165  
  怪の会」通信 吉田真司 91  
  第四回<幻影城>新人賞募集   161  
  次号予告   160  
  幻影城・バックナンバー   159  
  編集者断想 S 208  
  幻影城出版案内   153  
前月号の「次号予告」に掲載されていた作品のうち、今月号に掲載されていなかったのは「23世紀革命」(京堂司)、「海外推理小説研究史」(戸川安宣)、「長篇推理小説の研究」(大内茂男)、「日本探偵小説史」(中島河太郎)、「続・書かでもの記」(横溝正史)、「陳舜臣作家vs.評論家尾崎秀樹」。

表紙へ戻る進む